検索
メニュー

重曹を使った掃除でフローリングをツルツルピカピカに!

毎日歩き回るお家のフローリングは、黒ずんだりベタベタとした汚れがこびりついてしまったりすることが少なくありません。
そんなフローリングをツルツルピカピカにしたいなら、重曹を使って掃除しましょう。

本記事では、重曹を使ってフローリングをキレイにする方法を解説します。
必要なものや注意点など、毎日気持ちよく過ごせるためのポイントをご紹介します。

どうして重曹でフローリングがキレイになるの?

フローリングの黒ずみやベタベタした汚れは、油汚れや足の裏の皮脂が原因です。
どちらも酸性の油脂汚れなのですが、酸性の汚れを落とすにはアルカリ性が反応します。
そのため弱アルカリ性の重曹は酸性の汚れに反応して、フローリングをキレイにしてくれるのです。
エコなだけでなく人の体にも優しいので、子供がいるご家庭でも安心して使用できるでしょう。

重曹を使ったフローリング掃除に必要なもの

重曹を使ってフローリングを掃除する際には、次のアイテムが必要です。

  • 重曹
  • クエン酸
  • スプレーボトル2つ
  • 雑巾

重曹は水に溶かしてスプレーボトルに入れて使いますが、水に溶けにくいため、フローリングの表面に白い拭き残しが残ってしまうことがあります。
拭き残しを取り除くためにはクエン酸が効果的です。
クエン酸も重曹同様人体に優しいので、安心して使うことができます。
また重曹を使う前に、フローリングの表面にあるホコリを掃除するほうが効果的です。
フロアワイパーか雑巾を用意しましょう。

重曹水の作り方

フローリングの掃除には重曹をそのまま使うのではなく、重曹水を作って使います。
重曹は油脂性の汚れに効果を発揮するので、重曹水の作り方を覚えておけば家のさまざまな掃除に使うことができて便利です。
ぜひ覚えて活用してみてください。

水100mlに対し小さじ1の重曹を入れる

まずスプレーボトルを用意し、そこに水と重曹を入れます。
分量は水100mlに対し小さじ1です。
重曹は冷たい水だと溶けにくいため、ぬるま湯を使用するとよいでしょう。
ただ65度以上の熱いお湯だと、強アルカリ性の重曹水ができてしまいます。
安全に重曹水を使うためには弱アルカリ性の重曹水がいいので、65度以上のお湯は使わないでください。
また重曹の分量を多くしすぎてしまうと完全に溶けきりません。
しっかり分量を計ってください。

スプレーボトルを振って重曹を溶かす

水と重曹をスプレーボトルに入れたらフタをして、しっかりボトルを振って重曹を溶かします。
重曹が完全に溶けたら重曹水の完成です。
重曹水は作り置きすると重曹が固くなってしまうため、たくさん作りすぎず、その都度使う分量の重曹水を用意するようにしましょう。

重曹を使ったフローリング掃除の手順

重曹を使ったフローリング掃除

ではここからは作った重曹水を使ってフローリングを掃除する手順を紹介していきます。

フロアシートや掃除機でホコリを取り除く

まずフロアワイパーとウェットタイプのシートか、水に濡らして固く絞った雑巾を使ってフローリングを拭きあげましょう。
フロアワイパーを使うときは最初にウェットシートを使います。
フローリングの表面にはホコリがありますから、最初にホコリをきちんと取り除いておくのがポイントです。
フロアワイパーや雑巾だけで取り切れないものは、掃除機を使ってしっかり取り除いておきましょう。
そしてドライシートか乾いた雑巾を使って表面の水気を取ったら準備完了です。

重曹水で汚れを優しく拭き取る

次に重曹水を雑巾に染み込ませ、フローリングの汚れている部分に置いたら少しだけ時間をおいて拭き取っていきます。
このときあまり力を入れず、優しく拭き取るのがポイントです。

クエン酸水で拭き上げる

フローリングの汚れが気になるところを拭き取ったら、今度は拭き上げていきます。
拭き上げるときは水で濡らして固く絞った雑巾か、クエン酸水を使いましょう。
重曹で拭いたとこが白残りしていなければ水拭きで構いません。
白残りが目立つようであれば、クエン酸水を作って拭き上げます。
クエン酸水は水100mlに対し小さじ1/2のクエン酸をスプレーボトルに入れ、振ってよく溶かして作ります。
濃度を濃くすることによって汚れが落ちやすくなりますが、今回は拭き上げるために使うので、水100mlに対し小さじ1/2の分量で構いません。
先ほど使った雑巾をしっかりすすいで固く絞り、今度はそこにクエン酸スプレーをかけて拭き上げていきましょう。
水気が気になるようであれば仕上げに乾拭きして完了です。

フローリングを傷めないための注意点

エコで安全、コストも抑えられる重曹を使ったフローリング掃除ですが、フローリングを傷めないためにいくつか注意しておきたいポイントがあります。

使えない床材がある

万能に思える重曹ですが、無垢材や生木などデリケートな素材を使用したフローリングには使用することができません。
このような素材に重曹を使ってしまうと、かえって黒ずんでしまうこともあります。

ワックスが取れる恐れがある

フローリングの汚れを防ぐためにワックスがけをしている方も多いでしょう。
ワックスをしているフローリングでも重曹を使って掃除することはできるのですが、重曹水の濃度が高かったり、頻繁に重曹で拭いているとワックスが溶けてしまう可能性があります。
ワックスをかけている床に重曹水を使うときは濃度を低めにするように心がけてください。
不安であればまず床の隅の方で試してみることをおすすめします。
ワックスが溶けてしまうのは絶対に嫌だという方は重曹を使わず、中性洗剤を使って掃除しましょう。

重曹水の濃度が濃すぎると逆効果になる

床をよりキレイにするためには、濃度の高い重曹水の方が、効果があると考えてしまう方もいるかもしれません。
ただ重曹水の濃度が高すぎると完全に水に溶けなかったり、先ほどお話しした通りワックスを溶かしてしまう心配があります。
濃すぎる重曹水で掃除してしまうと白残りしやすく、拭き上げに時間がかかって余計な手間がかかってしまう恐れがあるので注意してください。

肌が弱い方は素手で掃除しない

弱アルカリ性の重曹水は、油脂汚れのタンパク質を分解することで汚れを落とす効果があります。
非常に効果的なのですが、私たちの体もタンパク質でできているため、長時間重曹水を使って掃除をすると肌荒れの危険性があります。
特に肌が弱い方はゴム手袋をつけて掃除するようにしましょう。
また濃度が高いと肌荒れしやすくなるので、分量を守って重曹水を作ってください。

定期的にプロの清掃・ワックスがけを依頼しましょう!

重曹を使ってフローリングを掃除すれば、簡単に床の黒ずみやベタベタした汚れを取ることができます。
環境にも優しいため、洗剤を使いたくないという方にもおすすめです。
ただフローリングは範囲が広いので掃除することを億劫に感じてしまう方もいるでしょう。
そんな方はプロによる定期的な清掃とワックスがけサービスを利用するのも1つの方法です。
掃除のプロなら見違えるようなピカピカのフローリングに仕上げてくれますよ!

すべての記事を見る

東京ガスのハウスクリーニングとは?

東京ガスのハウスクリーニングでは、専用の道具や洗剤を使い、プロの技術でおうちをまるごとクリーニング。忙しいあなたにかわって、普段手の届かないところまで徹底的にキレイにします。