検索
メニュー

浴槽の青い汚れは「銅石鹸」だった!銅石鹸をキレイに落とす方法

浴槽の青い汚れが気になる、掃除をしてもなかなか落ちない、という悩みを抱えている方は多いのではないのでしょうか。
実は、青い汚れは「銅石鹸」と呼ばれる頑固な汚れで、スポンジでこすっただけではなかなか落ちません。

本記事では、銅石鹸が発生する理由と、銅石鹸をキレイに落とす方法をご紹介します。

浴槽の青い汚れの正体は「銅石鹸」!発生する理由を紹介

浴槽につく頑固な青い汚れ「銅石鹸」は、給湯器のフィン(熱交換器)に使用されている銅管から銅イオンが溶け出して、浴槽の中で皮脂や石鹸などの脂肪酸に反応することで発生してしまうのです。
通常、銅石鹸は、新しい銅管を使用している新築物件で発生しやすい傾向があり、長年銅管を使用していると、管の内側に酸化銅の皮膜が作り出されるため、次第に減少していきます。
銅そのものは無害であることが多いため、銅石鹸が人体に影響を及ぼすこともあまりありません。
しかし、浴槽に銅石鹸が発生してしまうと不潔な印象を与え、時間が経つと落としにくくなってしまうことから、見つけたら早めにキレイにしておきたいものです。

銅石鹸を落とすために手軽に準備できるもの3パターン


銅石鹸を落とすにあたって、比較的手軽に準備できるものが下記の3つです。

  1. アンモニア水・クエン酸
  2. 酢と塩
  3. 市販の洗剤

それぞれの使用方法を詳しくご紹介します。

1. アンモニア水・クエン酸

スポンジにアンモニア水を含ませ汚れをこすったあとで、クエン酸水をつけたスポンジでこすり洗いします。
アンモニア水でこすった際に、銅石鹸が茶色に変化しますが、これはアンモニアがアルカリ性であるためなので、酸性のクエン酸水で中和させたあとに水でしっかり洗い流せば問題ありません。
なお、銅石鹸の汚れを一度で完全に落とすのは難しいため、上記の作業は何回か繰り返し行いましょう。
また、アンモニアは刺激臭が強く、大量に吸い込むと気分が悪くなる場合がありますので、作業中は窓を開けたり換気扇を付けたりするなどして換気をするようにしましょう。

2. 酢と塩

酢と塩で作った混合液(1対1の割合で混ぜたもの)を準備しましょう。
キッチンペーパーに含ませた酢と塩の混合液を青い汚れの上に貼り付け、乾かないように液を足しながら30分ほど置くと、汚れが浮き上がってきます。
この汚れをナイロンたわしでこすり洗いをすると、銅石鹸の汚れが剥がれ落ちてきます。
汚れを完全に落とすためには、何度もこすり洗いをする必要があり、時間のかかる作業になりますが、家庭にあるもので掃除をすることができるため、おすすめです。

3. 市販の洗剤

市販の洗剤を使う場合は、ガス台周りに利用される油汚れ落とし専用の洗剤や、尿石やカルシウム汚れを除去することができる酸性洗剤を使用しましょう。
洗剤を銅石鹸に直接スプレーしたあと、10分ほど放置し、スポンジでこすり洗いすると、なかなか落ちない頑固な銅石鹸の汚れもキレイに落とすことができます。

銅石鹸をキレイにするおすすめの方法

ここまで、手軽に準備できるものを利用して銅石鹸を落とす方法について取り上げてきました。
その他、銅石鹸を落とすおすすめの方法を2つご紹介します。

1. 風呂専用の中性洗剤を使う

できて間もない銅石鹸であれば、風呂専用の中性洗剤で落とすことができます。
中性洗剤をスプレーし、2、3分ほど置いたあとにスポンジでこすり、汚れを水で洗い流しましょう。

2. 浴室用クレンザーを使用する

発生してから時間が経過し、なかなか落ちない銅石鹸には、浴室用のクレンザーを使用する掃除方法がおすすめです。
浴室用クレンザーを布に塗布し、汚れている部分を磨いたうえで水洗いしましょう。
何度もこすることなく、キレイに汚れを落とせます。

頑固な銅石鹸の解消はプロに依頼を!

できて間もない銅石鹸の場合、早めの掃除で比較的簡単に落とせますが、頑固な銅石鹸の汚れを取り除こうとすれば、どうしても時間と手間がかかってしまうでしょう。
銅石鹸のクリーニングが難しいときは、プロに依頼するのもひとつの方法です。

すべての記事を見る

東京ガスのハウスクリーニングとは?

東京ガスのハウスクリーニングでは、専用の道具や洗剤を使い、プロの技術でおうちをまるごとクリーニング。忙しいあなたにかわって、普段手の届かないところまで徹底的にキレイにします。