検索
メニュー

フローリングの黒ずみの原因とは?手順や必要なものをご紹介

近年、リビングやキッチンの床をフローリングにしてある住宅が増えています。
すべての部屋がフローリングという住宅もあるでしょう。
ところが、フローリングを美しく保つために必要な、黒ずみ掃除の方法についてはあまり知られていません。

本記事では、フローリングの黒ずみの原因や掃除をする方法についてご紹介します。
お手入れの方法に詳しくなって、快適な環境でお過ごしください。

フローリングの黒ずみの原因

フローリングが黒ずむのは、さまざまな原因が考えられます。
夏には素足で過ごすことも多いと思いますが、足の裏の皮脂がフローリングに付着しやすく、黒ずみの原因となります。
また、フローリングにソファやカーペットを敷きっぱなしにすることで、カビが発生し、カビが原因でフローリングが黒ずんでしまいます。
その他にも、劣化したワックスが剥がれると、剥がれた部分からゴミが入り込み、汚れて黒ずむこともあります。
フローリングに水滴を落としたまま放置することや、キッチンの油汚れの放置も、黒ずみの原因です。
生活のなかには、フローリングの黒ずみを発生させてしまう、さまざまな原因が潜んでいます。

フローリングの黒ずみを落とす方法

フローリングの黒ずみを落とす方法
フローリングに黒ずみができてしまったら、そのまま放置するのではなく、掃除をして黒ずみを落としましょう。
黒ずみを落とす方法をご紹介します。

黒ずみを落とすために必要なもの

黒ずみを落とすための掃除に必要なものは、中性洗剤と雑巾です。
その他に、フローリングワイパーやドライシートなどがあれば、掃除がしやすくなります。
中性洗剤は住宅用のものが安心ですが、台所用のものでも使用可能です。

中性洗剤と水の割合に注意

洗剤を作る際には、中性洗剤と水の割合を確認しましょう。
2リットルの水に対し、中性洗剤は小さじ1杯程度が適量です。

水と中性洗剤を混ぜたものをバケツに用意したら、雑巾を浸し絞っておきます。
中性洗剤で手が荒れてしまう方や、雑巾を絞るのが難しい方は、スプレータイプの洗剤が市販されています。
雑巾を絞らなくていいですし、ご自分で洗剤液を作る必要がないので、心配な方はそちらを使用しましょう。

1.フローリングを乾拭きしてホコリやゴミを取る

まず、細かいゴミやホコリを取り除くため、乾拭きをしてください。
先にフローリングワイパーや掃除機で掃除しておくと、乾拭きしやすくなります。

2.床を拭く

バケツに用意した中性洗剤を混ぜた水に雑巾を浸して、しっかりと絞ってからフローリングを拭きます。
あるいは、スプレータイプの洗剤をフローリングに吹きかけ、雑巾で拭きます。
スプレータイプの洗剤は、そのまま吹きかけてもいいのですが、よりキレイに仕上げるには、直接フローリングに吹きかけるよりも、乾いた雑巾に吹きかけてから使うやり方もあります。

洗剤が残っていると転倒する恐れがあるので、ぬれた雑巾でしっかりフローリングに残った洗剤を拭き取って、完了です。
そのあとの水拭きはいりません。
しかし、赤ちゃんやペットがいる家庭など、洗剤が気になる場合には、水拭きをしても問題はありません。

3.乾拭きする

最後にキレイな雑巾で、しっかりと乾拭きをして、掃除は完了です。
さらにキレイに仕上げるには、ワックスがけがおすすめです。

フローリングの黒ずみ汚れを専門業者に依頼

フローリングの黒ずみを掃除する方法をご紹介しましたが、実際に掃除をするとなると大変です。
水に洗剤を混ぜる工程も、面倒に感じる人は多いと思います。
また、黒ずみがひどい場合は、汚れをキレイに落とすことは困難です。
そのようなときには、プロの力を借りることが解決への近道です。

フローリングの黒ずみをキレイに掃除しましょう

フローリングは、さまざまなテイストのインテリアとも相性がよく、おしゃれに見せやすい床材です。
しかし、黒ずんでしまうと見た目がよくないだけでなく、衛生面でも不安となります。
フローリングの黒ずみを掃除し、キレイな部屋で生活しましょう。

すべての記事を見る

東京ガスのハウスクリーニングとは?

東京ガスのハウスクリーニングでは、専用の道具や洗剤を使い、プロの技術でおうちをまるごとクリーニング。忙しいあなたにかわって、普段手の届かないところまで徹底的にキレイにします。