検索
メニュー

換気扇のフィルターの掃除方法とは?掃除の手順や掃除の注意点を解説

換気扇のフィルターについた油汚れを見ると、掃除をするのが億劫に感じてしまいますが、そのまま放置すると、カビが発生するなど、事態はどんどん悪くなるばかりです。

本記事では、正しく簡単にできる掃除方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

換気扇のフィルター汚れを放置した際に起きる3つのこと

換気扇のフィルターは、調理に使う油で、すぐに汚れてしまいます。
ベタベタするので掃除をすることが億劫になってしまい、ついつい放置しがちです。
換気扇のフィルター汚れを放置してしまうと、どのようなことが起きるのか、3つご紹介いたします。

1. 換気扇から異臭が発する

換気扇のフィルターに汚れが溜まると、空気が通りにくくなります。
そのため、換気扇から異臭が漂うようになってしまいます。

2. 換気扇を使うたびにカビが舞う

水を多く使うキッチンの換気扇フィルターが汚れていると、換気がきちんとできず、湿気が溜まりやすい環境ができます。
湿気が多いということは、カビが発生しやすい環境です。
さらに、カビの胞子はわずかな風でも舞い上がります。
その結果、換気扇を使うたびに微風でもカビの胞子が舞ってしまうのです。

3. 余分な電気の使用を抑えることができる

換気扇のフィルターに油汚れやホコリが溜まると、換気扇の空気吸引量が低下します。
そのため、換気扇には正常な状態よりも多くの電力が必要となります。

換気扇のフィルター汚れを落とす方法


換気扇のフィルターの汚れを放置してしまうと、悪臭だけでなく、カビが発生したりと問題が起こります。
ここでは、換気扇のフィルター汚れを落とし、掃除をする方法を解説します。

用意する必要なもの

  • 新聞紙・ビニールシート
  • ゴム手袋
  • マスク
  • ゴミ袋
  • 重曹
  • お湯
  • ゴミ袋

換気扇の真下にあるコンロには、新聞紙を敷いておきましょう。
コンロ周りの壁も新聞紙などで養生をします。
また、床にビニールシートを敷いておくと片付けがラクです。
油や重曹、お湯は肌にダメージを与えます。
敏感肌の方だと、肌荒れを起こす場合があるので、ゴム手袋を準備しましょう。
また、ホコリやカビを吸わないようマスクをつけて作業をすると安心です。

手順1. パネル、フィルター、ファンを外す

換気扇のパネル・フィルター・ファンを外します。
換気扇の種類によって外し方が異なるので、取扱説明書を確認してください。

手順2. 重曹を溶かしたお湯に外した部品を浸ける

外したフィルターの部品を、重曹を溶かしたお湯に浸けます。
浸けおき洗いには、ゴミ袋を使うと便利です。
お湯の温度は45~50度くらいがよいでしょう。
そのまま30分ほど浸けておきます。

手順3. 汚れが気になる箇所は歯ブラシなどでこすって落とす

重曹での浸けおき洗いで汚れが落ちない部分があれば、歯ブラシなどでこすって落としましょう。

フィルター掃除を行う際の注意点

換気扇のフィルターを掃除する際には、以下2点に注意しましょう。

1. 水気が完全になくなるまで乾かす

フィルターに水気が残ってしまうと、カビが発生する原因になります。
必ず、完全に乾かしてから換気扇に設置してください。

2. フィルターの網目を崩さないようにする

フィルターの網目は細かいので、ゴシゴシと強くこすりすぎると、網目が崩れてしまう場合があります。
丁寧に、優しく汚れを落とすように心がけてください。

プロに換気扇のフィルター掃除を依頼して清潔さを保とう

何年もの間、掃除をすることなく放置してしまった換気扇のフィルターは、頑固な油汚れがこびりついてしまうだけでなく、換気扇の内側にまで油や汚れが付着している場合もあります。
このような場合は、ご自分で掃除をすることは困難です。
また、そこまでひどくない場合でも、高い場所での作業が大変だと感じたら、プロに清掃を依頼しましょう。

換気扇のフィルターの掃除をしよう

換気扇のフィルターの掃除は、難しくて面倒と思ってしまうかも知れませんが、実際に行ってみると、意外と簡単にキレイにすることができます。
しかし、蓄積された汚れを落とすのは困難です。
その場合はプロにお任せしましょう。
換気扇のフィルターは、定期的に掃除をすることが大切です。

すべての記事を見る

東京ガスのハウスクリーニングとは?

東京ガスのハウスクリーニングでは、専用の道具や洗剤を使い、プロの技術でおうちをまるごとクリーニング。忙しいあなたにかわって、普段手の届かないところまで徹底的にキレイにします。